プロフィール

mon

Author:mon
to be continued...

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログパーツ

ぷろぐれす
完全なる自己満足日記。
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
2日目 
2010/04/11 【Sun】 19:42
CATEGORY【黒歴史】






朝が弱い俺だが、この日は自然に目が覚めた。

結局2時間ちょいしか眠れなかった・・・。

起き上がってカーテンを開ける。





















・・・雨が降っていた。


(おい・・・今日降水確率10%だぞ・・・。)


さらにベランダを見渡すと、昨日のゴミが野良ネコに荒らされていた。

まさに俺らの今の心境を表しているようだ。


仕方ないので雨に打たれながら片付けを始める。

荷物を車に運び、10時にチェクアウトした。


皆あまり眠れなかったのか、車内はシーンとしていた。




N本「これからどこ行く?」

俺「え?○○トンネルでしょ?w」

N本「やっぱ行くんだ・・・w」

M元「他に行く場所ないんだし行こうよー!」



なんかそんな流れで心霊スポットのトンネルに向うことになった。

正直俺は、もうどこでもよかった。


その後、散々迷ったすえにトンネルに到着した。

車1台がギリギリ入れるほどのスペースで、そのトンネルだけ周りの景色とは違う雰囲気を放っていた。

5人で話し合った結果、行きたい人だけが車から降りて歩いていくことになった。

俺、M元、D子が車から降りる。

中に入ると所々にある天井の穴から光が差し込んできて、外から見るよりも明るく感じた。



俺「あれ?意外と明るいし普通のトンネルじゃん。」

D子「うんうん。思ったほど怖くもないよね。」

M元「なんかラクガキいっぱいあるしねw」



3人で話しながら歩いていると、背後から車のライトが見えた。

入り口で待っているはずのN本の車だった。


(なんだあいつら・・・怖い怖い言っといて本当は来たかったのかw)


と思いきやよくよく見てみると、後続車に煽られているだけだった。

その光景を見て思わず吹き出してしまった。

N本がが俺らの横に車を停める。

すると車内からA子が叫ぶ。


「皆!!早く乗って!!」


顔がマジだった。



俺は「お前ら本当は来たかったのかよーw」なんて冗談っぽく言いたかったが、ふざけていい空気じゃなかったので止めておいた。


正直トンネルよりもA子の方が怖かったです。



無事トンネルを抜け、次は温泉に向うことにした。

この土地は温泉がかなり有名で、温泉に行くことは旅行前から決まっていた。


露天風呂は山の中腹にあり、そこの露天風呂から見える景色はまさに絶景だった。

見渡す限り海・・・夕方に来たら、さらにキレイだっただろう。


温泉につかりながら、N本と昨日の出来事について語る。

語るというか、N本が自分を責め続けていただけだったが・・・。

俺はそれに相づちを打つことしかできなかった。


なんにせよ、N本はフラれた。

コイツは行動力は確かにすごいが、今回はそれが災いしてしまった。

好きだと気づいた直後に告り、相手の返事を待ちきれず本人に返事を催促し・・・自滅した。

言いたくないが・・・自業自得だ・・・。




風呂から上がり、昼食を食べる頃には皆いい感じにテンションが上がってきていた。

昼食後、この土地の名所である岬に向うことにした。


そこから見る海は水色に透き通っていて、普段見慣れている海とは大違いだった。

たまにこういう自然の中にくると、ものすごく癒される。


奥に進むと、岩だらけの足場の悪い場所に着いた。

先に進もうとするとA子が立ち止まった。


「私ヒールだから・・・ここで待ってるね。」


するとN本が言う。


「じゃぁ俺行って来るわw」


「じゃぁ私も」という感じで、M元とD子もN本に続いていった。


A子と俺は2人っきりになった。

今思うと、A子と2人っきりになるのはこの時が初めてだった。


A子と一緒に寝たときも、一緒に散歩したときも・・・2人ではなく3人だった・・・。

でもいざ2人っきりになるとさ、本当に話したいことって中々話せないんだよね。

この時もどうでもいいことばっか話していた気がする。

てかA子は俺と目が合うと、すぐ視線をそらしていた。

いつもの満面の笑顔も今日は見れない。


(やっぱり昨日のことをまだ・・・。)


聞きたかったが止めておいた。

話を聞いたところで、俺はどっちの味方にもなるわけでもなく曖昧な返答しかできないと、自分でわかっていた。




しばらくすると3人が戻ってきて、時間も夕方4時過ぎだったので市内に帰ることにした。

ある意味濃い2日間だったが、いざ終わってみるとあっという間だった。


この旅行でA子との関係に進展があったかどうかは微妙なところだが

俺はこの2日間・・・特に初日の夜の出来事は一生忘れることはないだろう・・・。



















この記事に対するコメント

いつみても

先の展開きになりますw

がんば!
【2010/04/11 19:54】 URL | ダイヤ #- [ 編集]


おやおや
元気そうでなにより
スカイプのID、monokunstory
あ、勧誘じゃないから
良かったら送ってあげてね
【2010/04/13 17:45】 URL | シロ #Xb9NgEVM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doramonn.blog106.fc2.com/tb.php/283-f3e824b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
>