プロフィール

mon

Author:mon
to be continued...

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログパーツ

ぷろぐれす
完全なる自己満足日記。
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
深夜のドライブ 
2010/03/25 【Thu】 00:00
CATEGORY【黒歴史】

4人で他愛もない話をしながら、車はジョイ○ルへ向う。


後半戦、開始!








店につくと禁煙席へ案内してもらった。

普段なら喫煙席だが、女の子の前でタバコを吸うわけにはいかない。

デザートとドリンクバーを注文し、再び話を始めた。

普通の女の子と話しているときは会話があまり続かないことが多いが、A子相手だと不思議と会話が弾む。

A子は話上手で聞き上手だ。

話のネタを作ってくれるし、他人に会話を振るのも上手い。

てか笑顔がカワイイ。

まぶしい。


地元の話、手術したときの話、ちょっとしたトラウマ、恋バナ・・・

色々話した。

気づけば0時を回っていた。

念のため聞いておいた。


俺「2人とも時間の方は大丈夫・・・?」

A子「私は一人暮らしだから平気だよ~」

M元「もうJR出てないから、今夜はA子ん家泊まるから大丈夫」

俺「そっかー。ごめんね、遅くまで付き合わせちゃって・・・」

A子「全然いいよwでもなんていうか・・・こういう出会いってあるんだね!」

(A子はいい子だ・・・。)

A子「二人は門限とかないのー?」

N本「男にそんなもんあるわけないじゃんww」

俺「ウチも放任主義だから門限なんてないよw」

A子「いいよねー男の子は自由でw私は親からしょっちゅうメールで居場所確認されるしw」

(俺もA子のような娘がいたらそうするかもしれない)とは言えなかった。



その後もずっと話していたが、2時を回ったあたりで店を出ることにした。

そこで俺は提案した。

俺「ねえ。N本車でM元さん家まで送ってあげたら?てか深夜のドライブしようよ!なんか大学生っぽくね?ww」

N本「あ、いいね!ドライブ行っちゃう?w」

A子「私も行ってみたいかもーw」

M元「え・・・いいの?家結構遠いよ?○○市だし・・・悪いよ~。」

N本「○○市?全然余裕だしwドライブにちょうどいい距離だしw」

M元「ホント!?それじゃ送ってもらおうかな・・・ゴメンね。」

(N本GJすぎだろ!!)


深夜に女の子と一緒にいるのって飲み会のときくらいだから、めちゃくちゃテンション上がってた。

このシチュレーションは美味しすぎるだろ・・・。

夜の道路はすごく快適で、20分くらいでM元の家に到着した。

M元を送ったあと、A子が口を開いた。


A子「今度さ、みんなで温泉旅行でも行かない?」

(!!!!!???N本は中学からの友達だから分かるとして、俺みたいな今日会ったばかりの得体のしれない奴と旅行・・・?まじで?まじで言ってんの?)

俺は嬉しさと驚きの気持ちで動揺した。

車内が真っ暗で表情がバレなくて助かった。

すぐに返事をした。


俺「行く!俺も温泉行きたい!」

N本「いいね!行っちゃおう!」

俺「じゃぁ安くていい宿探しとくよw」

A子「私露天風呂がいいなぁ~」

俺「わかった!」


A子がまた口を開く。


A子「私・・・最近 好きとか付き合うとかどういうことなのか、よく分からなくなっちゃったんだよね。」

俺・N本「??」

A子「昔好きだった先輩が居たんだけどさ・・・モデル目指してたから結構イケメンなんだけどね。その人に私、めちゃくちゃダメだしされたんだ。『お前はもとが良いんだから、もっとそれを活かさないと』とか1時間くらい語られてね・・・今までの私の気持ちってなんだったんだろってなって・・・それから恋とかしたことないんだ。」

(こういう時なんて声かければいいんだろ・・・A子カワイイんだからもっと自身もって良いと思うよ?これからもっといい出会いがあるって?)

返答に困っているとN本が返事をした。

N本「酷い先輩だね~。つかそんなダメ出しするとかナルシストなんじゃないの?w」

A子「だよねーwもうそんな気にしてないんだけどね~。あー深夜のテンションって怖いね。何言い出すか分からないやw私が何言っても引いたりしないでね・・・?」

俺「え?引くわけないじゃんwむしろもっとぶっちゃけちゃってもいいよww」

A子「ホント?良かったーw」


N本「メガネっ子って萌えるよねw」

A子「スカートの絶対領域ってやっぱそそるもんなのー?w」

俺「女の子のスーツ姿が好きだ!」


その後は完全に深夜のテンションだった。

気づくとA子の家の前に着いていた。


A子「あーあ。もう着いちゃった。私、初対面の人とこんなに長く一緒にいたの初めてかもwなんか名残惜しい・・・」

(ねえ、これは俺に気があると思っていいの?ねえ・・・)

俺「俺もスゲー名残惜しい・・・。今日はホント楽しかったw」

A子「うん。今日はありがとね!また遊び誘ってねw」

N本「誘う誘う!それじゃ今日はおやすみw」

A子「おやすみーw」

俺「絶対旅行行こうね!それじゃまた!」


N本と二人きりになってから俺は言った。

俺「俺A子好きになっちゃったかも。」

N本「マジ!?今から家行ってくれば?w」

俺「流石にそれはww無理だろw」

N本「時には強引さも必要だよーw」

俺「それはなんか・・・違う気がする・・・w」





あ・・・・・・!

メアド聞き忘れた・・・・・・・。








この記事に対するコメント

その子、おれが仕掛けたどっきり人。
【2010/03/26 03:12】 URL | たこ #/Amn5WiM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doramonn.blog106.fc2.com/tb.php/272-b818f08d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
>